日本自動車査定協会の役割だそうな

中古の車の下取りや買取の際には、なにはともあれ査定をさせて頂きます。この場合の査定とは、売り手側から下取りや買取する際に適正な評価を下す為の作業であり、それを行うためにはさまざまな人たちから納得され、プラス承諾された方法でなければ良くないのです。ですが、ユーザー側からすれば、審査がどんなふうにおこなわれてるのかちゃんとは確認できてなかったり、しっかりした手続きで実施されているのかはどうしても確認することが出来ないものですよね。そうだとしても査定というのは愛車の額面を確定させる非常に決め手となる過程ですから、考え方やその方法に種々のものがあれば社会の混乱の理由にもなるのです。

そういったパニック状態を発生させない為にも日本自動車査定協会という機関が設立され、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会呼ばれるものは、しっかりとした審査が行き渡るように務めている団体であり、ユーザーが信頼して値踏みに提出でき、しかも納得のいく結果になるような土台作りの動きをしています。

具体的な活動内容としては、例を挙げるとちゃんとした査定士を増加させるための試験を行っており、査定協会が実施する学科及びスキル研修を受けてもらい、その後査定士技能検定試験にクリアすることである一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。さらに査定士として活躍するのには協会への登録が必要になり、健全な見識や義務を以てして消費者の所有車の鑑定をするのです。言い換えると適正な見積もりを行う為の資格を保持している人間が値踏みをしますので、消費者もリラックスして買い取りまたは下取に車を出すことが可能となるのです。