改めて車買取、そしてリサイクル料のこと

自分のクルマのを売り払う時の手続きとしては買い取りと下取りがございます。下取りのケースというのはおニューの自分のくるまのを手に入れる時一緒にこれ迄のお車を買取してもらうというものです。主に新車ディーラーが引き受けを行うので価格のほうはどっちかといえば低めになるケースが多いです。

もう一方の買い取りのケースはユースドカー買取専業店がするもので、中古車という名目で売却することを予定して買取り価格を決めるため、どっちかというと高値での引取りが期待できます。どっちにしても自分の車のを売却することであり、売り払う前に買取額を決めるための見積もりが行われることとなります。

見積もりをして貰うとして気に掛かるのがリサイクル料となります。ユーズドカー見積もりで出してもらう値段というのはくるまそのものの金額、自分の車のに付いてくるリサイクル料や自賠責保険などいれた値段の二種類がございます。リサイクル料は中古車を手に入れた場合、もしくは「リサイクル料」が未納のときには車検を受けたさいに支払いとなるもので、先々お車を廃車にして壊してしまう際に必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等リサイクルするための代金となって使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、処分する時JARSから支払われることとなります。

費用は大体、軽なら8000円程、国産自動車で10000円くらい、外国の車などで1万5千円ほど、そのほかで2万円位を納める必要性が御座います。多くのユースドカー引受だと、これらのリサイクルの代金を自動車の引受価格とは他のものとして買取られることとなるんですが、リサイクルの代金を入れて買い取り値段であるという場合もあり、買取りを望んでいる時にはまずはチェックしておくということが大事なこととなります。