古い自動車を売却する際の段取りについて、ここらできちんと見ておきましょう

使っていた自動車を売りわたす時の手順には買い取りと下取りのどちらかが有りますよね。下取の場合は次の自分のクルマのをゲットするかわり、今迄乗っていた使用済みの自動車を買受して頂くというものです。大抵は新車販売会社が買取りを行うため買取プライスはどちらかといえば低めに見られることが多いです。

逆に買い取りの場合には自動車買い取り専業店がおこなっているもので、クルマとして販売する事を前提として買上げプライスを決定するので、どちらかというと高値の引き取りが望めます。どちらにしてもマイカーを買い上げてもらうことであり、引き受けてもらう前に買い上げ金額を決定するための評定がされるわけです。

審査をして頂く時気になるのがリサイクル料になります。ユースドカー評価で出してもらうプライスというのはそのくるま本体の価格、自分の車のに附随するリサイクル料や自賠責保険等々プラスした価格の二種類がございます。リサイクル料は使った車を手に入れた時、若しくはリサイクル料が未納だったときには車検を通した場合に支払いになりますので、今後クルマを廃車として処分するさいに必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等リサイクルする為のコストという名目で使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体処分する場合にJARSから支払されるということとなります。

費用はだいたい、軽自動車で約8千円、国産車であれば10000円程、外車等であれば1万5千円位、そのほかで約2万円ほどを入れる必要があったりします。大半の使用していた車買い取りであれば、こうしたリサイクル料を使用した車の買受値段とは別ということで引取りされる事となるわけですが、リサイクル料を含んで評定値段であるというケースもあり、引取りをお願いするケースではまずは確認しておくことが大事な事となります。