例の車を売る時の「ローンの残り」の感想、所感

クルマの買取り業者に値踏みをオーダーしたはいいけどローンが払いきれていないという事もあり得ます。そういった際は、売り払いたいくるまの所有者がご本人であるのか他の人であるかについて第一に見ておく必要性があるのです。

本当のところ、所有権はどこを見るとわかるのかといいますと、自動車検査証に記載のあるお名前の方がマイカーのオーナーとなるのです。

マイカーを買うタイミングで銀行などのローンを設定された場合だと、この「車検証」に書かれている氏名が自分のお名前になってるはずですが、割賦払いを設定されたのが信販系の会社であるケースでは氏名がそちらの名前になっています。信販会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこのようにその会社を持ち主として登録しているのかと言いますと、その理由としては返済が滞納されたときに、速攻でくるまを担保という形で確保することを考えているからです。

このような事情で所有名義がクレジット会社にある場合はそのくるまを自分の好きに売ることは出来ません。それでも売却したいならまずローンを全部終わりにするか支払いローンの組み替えをして所有権をご自身の氏名に変更した後で手続きする必要があります。しかし、現実にこのような手続きができるのは現在持っているキャッシュがたくさんある時に限られます。じゃあ現金が不足している場合はどういったやり方がよろしいのでしょうか。

そんなケースでは値踏みをして頂いた愛車買取ショップに相談すると、クルマの売値から残債分を支払し、所有権者を自分のお名前に変更して貰うことができるという訳です。手続きの方も全てを買取り業者に任せることが可能なので問題ないです。