今回はローンが残っている車の売却について思うこと

愛車の買取専業店に審査をして頂いたものの、分割金を完済していないこともあり得ますよね。そういったケースでは、売ろうとしているお車の所有権がご自身であるのか、誰かほかの人なのかどうかについて第一にチェックすることが求められます。

本当のところ、持ち主については何を確認したら分かるのかと言えば、自動車検査証に記載されているお名前の方がクルマの所有者となります。

車を購入したタイミングで銀行などの割賦払いを組んだ場合は、こちらの自動車検査証に載っている名前がご自分のお名前となっている訳ですが、割賦払いを組んだのがクレジット会社などの場合は名前が信販会社の名前になっています。信販系で分割払いを組む場合どういう理由でこんな風に信販系の会社を所有権者として記載しているかと言えば、それは返済が滞ったりしたら、ただちにマイカーを担保として確保するためです。

こんな事情により持ち主名義がクレジット会社となっている際はその所有車を自分の好きに売り払う事は出来ません。どうしても売りたいなら残債を全部終了させるか割賦契約の設定し直しをすることで所有者を貴方の氏名に変えた後で売却をする必要性が出てきます。しかし、現実問題そうしたことができるのは今手持ちの現金がいっぱいある時になってしまいます。だとしたら現金が足りない人はどんな方法を取るのがよろしいのでしょうか。

そういった時には評定を行ってくれたクルマ買い取りのお店にご相談いただけると、車の買取金額から残債分を完済し、オーナーをご自身の氏名に直して頂くことができるというワケです。手続きの方もすべて買取ショップにオマカセ可能ですから心配ないです。