中古車買上げの額に修理歴とはどれ位関係してくるのか見ていきましょう

ユーズドカー売り渡しについてお願いした際は、まず品定めを受けることとなります。そうした時の審査額の方は買取専業店の査定士おこない、ユーズドカー市場の価格などから算出されるものです。

大概は中古の車のとして売られているプライスの20~30%くらいが売却価格と言われていますが、売れ筋の車種でしたり、珍しいクルマである等の場合には思った以上の高プライスが付くといったときもあります。また、製造年は新しいほどいうまでもなく高額査定となります。他方、これらの査定額はユースドカーがパーフェクトな状態のケースであり、万全じゃないときは低く見積もられます。中でも特に事故歴は買取価格に大きく影響します。

事故の跡とは言っても定義が曖昧ですが、基本的には車両の本体であるフレームの部分にまで影響しているような事故を経験してしまったくるまは事故車として扱われます。このような事故歴のある車は後からなんらかのマイナスの影響が出てしまうリスクが存在するので、査定については悪材料とされてしまいます。他方、フレームの部分にまで影響がなく、外側を直した位だったら大丈夫なのですが、しかし修理歴がついてしまいます。

モチロン修復歴が付くので負の影響が有るものですが、事故車よりも低い鑑定額となることはないはずです。その他、エンジン等に問題が発生している時にもマイナスとして鑑定されますし、普段からの維持管理の良し悪しが買取の値段に影響してきます。

このあたりは素人には気づかない所ですが、格づけをしている店ではシッカリと状況をチェックの対象としてきます。

どっちにしても修理歴がないことが自分の車の見積においては上昇できるかどうかの条件となります。