中古車を処分するときの手順の件ですが、こちらでじっくりチェックしていきましょう

ユースドカーを売却する場合の手順には下取と買取があります。下取のケースというのはおニューの自分のくるまのを買う時一緒にこれまでの中古の車を買い受けしてもらうというものです。ほとんど取扱店が買取をすることになるため買い取り金額の方はわりと低めに見られることが多いです。

一方で買取のケースはマイカー買取専門店がするもので、古い車という名目で販売する事を予定に引き上げの額を決めるため、わりと高めの買取りが期待できます。どっちにしても不要車を買い上げてもらうことであり、引き取ってもらう前に買い受けプライスを決めるための品定めがされることとなります。

診断を依頼する時気になるのが「リサイクル料」です。マイカーの見たてで出してもらう金額というのはその中古車それ自体の金額、クルマについてくるリサイクル料や自賠責保険といったものを入れた価格の二つの種類がございます。リサイクル料はu-carを購入した際、もしくは「リサイクル料」が未払いのときには車検を通したさいに支払いとなりますので、この先u-carを廃車として処分する際に必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等をリサイクルする時のコストとして使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、壊してしまう時に自動車リサイクルシステムから支払われることとなります。

その際の料金はおおよそ、軽自動車だと8千円くらい、国産車だと1万円位、外国の車等で1.5万円くらい、その他で20000円ほどを入れる必要が有ります。だいたいの使った車買上の場合、そうしたリサイクル料を中古自動車の買い上げ額とは別として買取されるというような事になるわけですが、リサイクル料を入れて評価の価格だというケースもあり、引き取りをお願いする場合はあらかじめチェックしておくということが大事なこととなります。