ユースドカーを処分する時の手立てについてですが、当ページでキチンと把握しておきましょう

中古の自動車を売却するときの進め方といえば下取、そして買取のどちらかが御座いますよね。下取りの場合というのは新しいお車を買うと同時にこれ迄お乗りの中古自動車を買い上げていただくというものです。主として新車ディーラーが引き取りをおこないますので価格としてはどっちかといえば低めに見られるケースが多いです。

一方、買い取りの場合にはくるま買取専門ショップが行っており、不要車という名目で店頭に陳列することを前提として買受けプライスを決めるため、意外に高目の買上げが期待できるでしょう。いずれにしても使用済みの自動車を買い上げてもらうことであり、引き取ってもらう前に買い上げプライスを決めるための格付けが実施されます。

格付けをお願いするケースで気になるのは「リサイクル料」です。中古自動車の診断で示される値段としてはそのユースドカーそのものの額、ユーズドカーに付いてくるリサイクル料とか自賠責保険等入れた金額の二種類があります。リサイクル料については使用済みの車を購入した時、または「リサイクル料」が未払いだったケースでは車検の時支払いとなるもので、この先中古の自動車を廃車にして解体処分する際に必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどなどリサイクルするときの費用として使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体する場合自動車リサイクルシステムから支払われることとなります。

その場合の代金はだいたい、軽だと8000円くらい、国産車だと1万円程、輸入車などで約1万5千円、そのほかで20000円ほどを入金する必要があります。大抵の中古の自動車買い取りであれば、こういったリサイクル料金を中古の車の買い受け金額とは別で引受けされるというようなことになるワケですが、リサイクル料金をいれて買取りプライスとなっているケースも有り、見積もりを希望というケースで先ずは確認しておくということが重要です。