まさかの中古車の査定のことを考えてみた

ユースドカーの買取となると、まずはその中古車査定をします。その車と年代で、基準となる状態での値段の理解をしておきます。それよりもっと印象が悪かったら、評価額を減額するという流れで処理されていくわけです。

標準時のプライスについては買取のお店の方でベースとなる数値を保管しています。コチラに関しては業者間でのみ流通しているもので、その価格は車の種類と何年式かによって残されているものです。ではありますが、あくまでもこの数字は基準の数値であり、それだけの意味しかございません。それに加え、その額面よりも高い金額で買取して頂けたり、もしくは安い価格で買い取られたりするケースも当然ながらあり得る話です。

業者側としてみればなるべく安い金額で引き取りたいですから、お店にもよりますが基本的な買い受けできる額を差し出したうえで、さらに低価格な方に話をつなげようとします。こちらの気持ちとしてはちょっとでも高い値段で売渡したいので、ここでの交渉ではしたたかに話を持っていくのが良いでしょう。あるいは、売却に関してのプライスが合意できなかった時などは保留とし、そこで話を中断しておきます。そののちまた別の店舗と交渉をやっていくのです。

ここでもし価格がもっと高くなってうなずけるものだったら、前の業者との駆け引きは終了となっても特に問題ないです。結局、売りたい方が満足できるようにネゴシエーションをしていけばよいということです。もっともやめてほしいのは、焦ってプライスを決定してしまい、あとあと後悔をすることです。売却額はとにかく強気にいく方が後悔しないはずです。