とうとうです、中古車屋さんに車を売る時について調べてみた

マイカーの買い受けの際は、まず先にクルマの審査をします。車種と年式とで、基本となる標準状態の額面のイメージをしておきます。これより更に条件が良くなかったら、金額をマイナスとするといった順序で処理されていくのです。

普通の状態での金額に関しては、買取店の方でベースとなる金額というものを保管しています。こちらはお店同士のみで見られるもので、その額面は車の型式や年式によって書かれているのです。とはいえ、あくまでこの金額は標準的なものであり、それ以上のものではないものです。加えて、その金額よりも高い価格で買取をされたりあるいは安値で売る羽目になったりする事だって当然のようにあるわけです。

買取ショップの方にしてみれば出来るだけ安く買い取りたいわけで、買取店にもよりますが基準となる買い受けできる額を出したうえで、さらに安値の方へと話をつなげようとします。売る方としてはわずかでも高値で手放したいので、このケースでは一気に話題を進めていくのが成功の秘訣です。または、売却に関しての金額が歩み寄れなかったケースであれば一度保留し、話は休止状態とします。そして別の店舗と調整を進行させるのです。

そこで仮にプライス的にさらに高値となって満足できるものだったら、前のお店との交渉は決裂したとしても問題はないでしょう。言い換えると、売却する側が満足がいくように話を進めていけば良いというわけです。一番してほしくないのは、急ぎ足で売却金額を結論付けてしまい、あとから後悔をすることです。プライスは限りなく強気な出ていった方が後で悔やまないでしょう。