これは・・・中古車査定

中古自動車の下取や買取の時にはまずは査定を行います。この場合の査定とは消費者から下取・買取時にちゃんとした審査をするための作業であり、それをするためにはさまざまな人たちから納得されその上合意された手続きじゃないと良くありません。

とは言っても、消費者側からしますと鑑定がどんな具合に実施されているのかはっきりとは確認できてなかったり、フェアな進め方で実施されているのかはどうにも認識することが困難なものです。とはいえ、査定というのはお車のバリューを確定させるめちゃくちゃ重大な方法ですので、考えや方法に色々なものがあると社会が混乱する要因ともなる可能性があります。そんなパニックを起こさないためにも「日本自動車査定協会」という名の機関が存在し、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会は適正な見積が浸透するように取り組んでいる団体であり、私たちが安堵して査定に提出でき、加えて納得のいく結果となるシステムを構築する動きをしています。分かりやすい中身としては、例えばちゃんとした査定士を輩出する為の試験を実施しており、査定協会が実行している学科さらにはスキル研修を受けてもらい、そして査定士技能検定試験という試験に成功することである一定の技能を持つ査定士としての資格が与えられます。そうした上で査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、まともな基礎的なものや規律をもってお客さんの車の評定をするのです。

つまりはしっかりした見積もりを行う為の資格を保持している人間が鑑定をやりますので、私たちもリラックスして下取または買取に車を出すことが可能となるわけです。