これが車買取の事故歴と修復歴だそうな

ユーズドカー売却を依頼した際は、最初に審査を受けることとなります。そうした時の鑑定の方は買取専業店の担当者がおこなう訳ですが、自動車市場の金額等から算出されることになります。

一般的に中古のクルマということで売り出されている金額の20~30%位が査定価格とされていますが、好評な車だったり、珍しいクルマであったりする時には高い見積額がでるなどの場合もあるようです。他にも、年式が新しい方がやはり高い査定となります。一方、こういった見積金額はクルマが完全な状態の場合であり、万全ではない時には査定は厳しくなります。その中でも事故歴等は買取プライスに結構影響してきます。

修理の跡といっても定義は曖昧ですが、とりあえず自動車の骨組みであるフレームの方にまで駄目になっているようなアクシデントを経験したお車は事故車となってしまいます。こういった事故歴のある車はそのうちなんらかの被害が出てくるリスクがあるため、見積価格では短所となるのです。他方、フレームの方には影響がなく、外側を手直しした位なら問題ないのですが、しかし修理歴はつくことになります。

もちろん修復歴としては付くわけですからマイナスの影響はあるのですが、事故車に比べ低い査定となることはありません。そのほか、エンジンや変速機などにトラブルが起きている場合にもマイナスに見積もりされますし、日頃からの整備の状態が見積もりに関係してきます。

このへんは素人目には分からない部分ですが、鑑定を行っている買取専業店はキッチリそのあたりも確認してきます。

どちらの場合でも修理歴としてはないことが古くなった自家用車の見積が上げることができるかどうかの分かれ目となってきます。