これが車のリサイクル料だそうな

車を処分する際のやり方には買い取り、そして下取りのどちらかがございます。下取りの場合というのは新しい愛車を購入するかわり、前の車を買取して頂くというものです。大概は取扱店が引き取りをするため金額の方はどちらかというと低目に見られがちです。

もう一方の買い取りの場合にはくるま買い取り専業店がおこなっているもので、中古の車という名目で販売する事を予定して買取の金額を決めるので、割と高目の買い取りが望めるでしょう。いずれにしろお車を売る事であり、引き受けてもらう前に引き受け額を決定するための値踏みがおこなわれます。

審査を依頼する場合に気になるのはリサイクル料です。車鑑定で提示される値段というのはその自家用車それ自体の金額、ユースドカーについてくる自賠責保険とかリサイクル料などなど含んだ額の二つの種類が存在します。「リサイクル料」は自動車を買った時、又はリサイクル料が払われてなかった場合ですと車検の場合支払いとなるもので、後にユースドカーを廃車にして壊してしまう時に必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などをリサイクルするさいのコストとして使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、解体するケースで自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

料金は大体、軽自動車だと8000円位、国産車で1万円位、外国製自動車などで1万5千円くらい、それとは別に約2万円ほどを入れる必要性があります。大体のマイカー引取りですと、こういったリサイクル料を中古車の買取値段とは他として買取られるという事になるわけですが、リサイクル代金をいれて買取り価格としてるケースもあり、引受を希望という際には事前に確認しておくのが大切な事となります。