きましたね車買取「事故歴と修復歴」について思うこと

お車譲渡をお願いした時には、初めに値踏みを受ける事となります。そうした時の見積もりについては買取り業者の査定担当者がおこなう訳ですが、自動車マーケットの価格などから算出されることとなります。

だいたい古い車として売りに出されている価格の2~3割ほどが買取額とされているようですが、人気のあるクルマだったり、珍しいくるまであるなどの場合には高い買取額が付くなどのケースもあるでしょう。他にも、製造年は新しければ新しいほど高くなります。他方、そのような買取金額は自動車が完全な状態のケースであり、万全ではないケースだと低い鑑定となります。その中でも修復歴は見積価格に大きく響きます。

修理歴といっても定義が微妙ですが、基本的に車両の基礎であるフレームにまで影響しているような事故を経験してしまったクルマは事故車となってしまいます。この修復歴のあるくるまはそのうち何らかの負の影響出現するというリスクが有るので、買取額に関しては駄目なものとされてしまいます。他方、フレームの方には影響がなく、外装を修繕した位だったらならないのですが、でも事故歴がつくことになります。

もちろん修理歴は付きますのでマイナスの害は有りますが、事故車よりも低く値踏みされることはないでしょう。そのほか、エンジンなどにトラブルが出ている時もマイナスという事で査定されますし、常々の維持管理の状態が買取金額に影響されます。

この辺は素人目にはちんぷんかんぷんですが、審査をおこなう業者の方ではキチンとそのあたりも見てきます。

どちらにしても修理歴がないことが中古車鑑定額がを上げられるかどうかのポイントになります。