きましたね日本自動車査定協会の役割だそうな

中古の車の買い取りや下取りの際には、まずは査定を行います。査定とは、消費者から下取りや買取する際にきっちりした審査をするための手続きであり、それを行うためにはたくさんの人から肯定され、尚且つ合意された手続きをしないといけません。ただし、消費者側からしたら、見積がどんな感じで実施されているのか正確には確認できてなかったり、しっかりした仕方で作業されているのかはどうしても確認することができなかったりもするものです。しかしながら見積の方はその車のバリューを決定する大事な過程ですので、やり方や考えにさまざまなものがあると社会が混乱する要因にもなるのです。

そういったパニック状態を発生しないようにするためにも日本自動車査定協会という機関が設立され、中古自動車査定制度を取り決めしているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、適正な値踏みが根を下ろすように機能している団体であり、消費者が安心して鑑定に提出でき、しかも満足できる制度作りの行いをしています。

分かりやすい中身としては、例を挙げるとちゃんとした査定士を育てるために検定を実施しており、査定協会がおこなっている学科と実技の研修を受け、そうしてから査定士技能検定試験に成功することで一定のスキルを保有する査定士としての資格が付与されます。そうした上で査定士として活動するためには協会への登録をしなければならなくなり、まともな心得や規律をもってお客さんの愛車の鑑定をおこないます。つまり適正な査定のための資格を有している人が値踏みをしますので、私たちも安心して下取りや買取に愛車を提出することができるのです。