きましたね中古車買取と「リサイクル料」のいろいろ

くるまを売り払う際の方法には下取と買取の両方が有ります。下取りの場合というのは新しい中古車を手に入れる時、今迄の自分のくるまのを買受して頂くというものです。主としては販売会社が引受けをするため金額としてはどちらかといえば低価格に見られがちです。

もう一方の買取の場合には自動車買取り専門の業者がおこなっており、ユーズドカーという名目で店頭に出すことを前提に引き取りの値段を決めるため、どちらかというと高値での引き取りが期待できます。何れにしろ自分の車のを売る事であり、引き取ってもらう前に買取りプライスを決定するための値踏みがおこなわれることとなります。

見積もりをして頂く時気に掛かるのはリサイクル料になります。ユーズドカー審査で提示される価格というのは自分のくるまのそのもののプライス、車についてくるリサイクル料や自賠責保険など入れた価格の2つの種類が御座います。リサイクル料についてはマイカーを買った際、若しくは「リサイクル料」が未納だったケースでは車検を受けた際に支払いとなりますので、のちにお車を廃車として壊してしまうケースで必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等々リサイクルするときの費用として使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体する時自動車リサイクルシステムから支払われるということになります。

費用はだいたい、軽なら8千円位、国産車だと1万円ほど、外国の車とかで約1万5千円、そのほかで2万円ぐらいを入金する必要がございます。大抵の車引受であれば、これらのリサイクル料金を車の引き取り価格とは別として引き受けされる事になるのですが、リサイクル代金をいれて買取り額であるというケースもあり、引受けを依頼する際にはまえもって確認しておくのが大事なこととなります。