きましたね中古車査定と事故車に関して

古くなった自分のクルマの売渡を頼んだときは、とりあえず見積もりを受けることになります。その時の審査に関しては買い取りの専門店の方が行い、自動車マーケットの相場などから算出されるものとなります。

一般的に古いくるまとして売られている価格の20~30%くらいが買取の値段と言われているようですが、評判の車種や、珍しい車などの際には高い見積額がつくなどの時もあるでしょう。ほかにも、製造年は新しいほど高額となります。ただし、これらの買取金額はクルマがパーフェクトな状態であり、そうではないケースだと値踏みは厳しくなります。その中でも修復の跡は査定額に大きく関係します。

修理の跡といっても定義があいまいですが、とりあえず自動車の基礎であるフレームの部分までダメになるような事故を経験したクルマはこれに当てはまります。こういった修復歴のあるクルマはそのうちなにか被害が出てくるかもしれないという危険性が有るため、買取の値段においてはマイナスとなってしまいます。その一方、フレームの部分にまで影響が無く、外側を手直しした位だったらならないのですが、しかし修理歴はつくことになります。

勿論、修理歴は付くわけなので良くない影響はあるのですが、事故車に比べ見積もりが低くなることはございません。その他、エンジンなどに面倒が発生しているケースでもマイナスとして鑑定されますし、常々の維持管理の状態が査定額に影響されます。

このへんは我々には見分けはつかないのですが、値踏みをする買取専業店はしっかりとその辺を確認してきます。

どっちにしても修復歴としては存在しないことが自分のクルマの買取金額が上げることができるかどうかの最低条件となります。