お待ちかね、「中古自動車査定制度」のいろいろ

所有車の下取や買取の時には、最初に査定をしてもらうかと思います。この査定とは、消費者から下取・買取時に適正な審査をするための下調べであり、それを行うためにはさまざまな人たちから認識され、さらに認められた進め方で行わないとまずいのです。なのですが、消費者側からしますと、査定がどうやってやられているのか具体的に認識していなかったり、しっかりした仕方で調査されているのかはなかなか把握することが出来ないケースがほとんどです。そうはいっても値踏みというのは中古車の額面を決めるとても重大な過程なので、考え方やその方法に色んなものがあると社会が混乱する理由にもなるわけです。

そういった騒ぎを発生させない為にも日本自動車査定協会という呼称の機関が設立され、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

日本自動車査定協会とは、適正な値踏みが根を下ろすように動いている団体であって、お客さんが無事に見積に出すことができ、加えて喜べるような結果になるような制度を構築する動きをしています。

中身としては、例を出すとちゃんとした査定士を輩出する為の試験を実行しており、査定協会が実行している学科や技法の研修を受けてもらい、それから査定士技能検定試験という試験に合格することで一定の技能を保有する査定士としての資格がもらえます。そうした上で査定士として勤務するためには協会への登録をしなければならなくなり、健全な基礎的なものや義務を以てしてお客さんの所有車の審査を行います。つまり適正な査定を出すための資格を保持している方が鑑定をおこないますので、客側も不安なく下取りや買取に愛車を提出することができるのです。