あの車の買い取りとリサイクル料金

所有車を売却するさいのやり方というと下取と買取の両方があります。下取りの場合というのはおニューの中古車を入手する際、今までの自分の車のを引受けしていただくというものです。主としては新車販売店が引受けをするため価格のほうはどちらかといえば低めになるケースが多いです。

もう一方の買い取りのほうはクルマ買取専業店がおこなっているもので、中古車という名目で売却することを前提に引き受けの価格を決定するため、どっちかというと高めの引き受けが望めます。どっちにしてもユーズドカーを引き受けてもらうことであり、、売る前に買取プライスを決定するための見積もりがおこなわれることとなります。

見積もりをしていただく時に気に掛かるのがリサイクル料になります。マイカー見積もりで出してもらう金額としては自分のくるまの本体の価格、くるまについてくる自賠責保険やリサイクル料など入れた金額の二つの種類が有ります。リサイクル料に関しては自動車を買った場合、もしくはリサイクル料が未払いだった場合ですと車検を通したさいに支払いとなるもので、先々ユーズドカーを廃車にして解体する時必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等をリサイクルする際の料金として使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体する際にJARSから払われることになります。

費用はだいたい、軽なら8千円ほど、国産車だと1万円ほど、外車とかで約1万5千円、それとは別に2万円位を入金する必要がございます。大抵のユースドカー買取だと、こうしたリサイクル料金を中古車の引き受け額とは別ということで引き取りされるというようなことになりますが、リサイクルの代金を含めて買取り値段だという場合も有り、引き受けを希望する時はまずはチェックしておくことが大事なこととなります。